目の下のたるみ・クマ

「涙袋」と「目袋」の違いは?目袋を涙袋に変える方法!

涙袋と目袋の違いのイメージ写真

「涙袋」と「目袋」の違い、ちゃんと理解していますか?

「涙袋」はプラスのイメージで作りたがる人もいるほどですが、「目袋」は老け顔の象徴・・・

両者の違いを一言で言うと、

  • 目袋は「脂肪」
  • 涙袋は「筋肉」

という違いがあります。

「目袋」は、でき始めの初期段階では「涙袋」と区別がつきにくいかもしれません。

「あれ?ひょっとして、これが涙袋?ラッキー♪」と思っていたら、実はオバ顔の始まりだった・・・ということも・・・

取り返しのつかないことにならないうちに、適切なケアをしてオバ顔を回避しましょう。

この記事でわかること

  • 「涙袋」と「目袋」の違い
  • 「目袋」を「涙袋」に変える方法

この記事のポイント!

  • 涙袋は目袋に埋もれて隠れてしまうことがあるので、筋トレやスキンケアで目袋をなくすと涙袋が際立つ可能性がある
  • 筋トレはEMS美顔器を上手に利用すると良い
  • 肌のハリ対策はレーザーやRF美顔器がおすすめ

写真で分かる「涙袋」と「目袋」の違い

「涙袋」と「目袋」の違いは、写真で比べるとはっきり分かります。

これが「涙袋」

こっちは「目袋」

涙袋と目袋の違いは?

目袋と涙袋の違いを違いを一言で説明すると

  • 目袋は「脂肪」
  • 涙袋は「筋肉」

です。

涙袋があると、若く可愛く見える

目のすぐ下にあるぷっくりした膨らみが「涙袋」。

これがあると、ふっくらとした膨らみまでが目のように見えるため、パッチリ・デカ目に見えます。

また、幼い印象になるため、若く見えるというメリットが。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

涙袋の正体は、眼輪筋という目を囲む筋肉です。

涙袋の状態は、生まれつきの眼輪筋の位置や発達具合、目元の肉付きの具合によって変わってきます。

涙袋がまったくない人もいれば、ぷっくりと目立つ人もいます。

涙袋は良いものというのが共通認識なので、ヒアルロン酸注入やメイクでわざわざ作る人もいるほどです。

目袋は「老い」の象徴

一方で、目袋は「老い」の象徴で、たるみによってできるもの。

涙袋よりもずっと下の位置にできるのが特徴です。

涙袋があると、女性らしく若くて可愛いという印象になりますが、目袋があると、すごくおばさんに見えてしまう・・・

年配の俳優さんでは目袋が味や凄みになっている人もいますが、女性にとっては良いことなんて一つもありません。

""no-img2″
由香@エステティシャン

目袋の正体は、眼窩脂肪という「脂肪」です。

眼窩脂肪は、眼球をクッションのように囲んで守っています。

それが、加齢により眼球を支える靭帯が緩むことで眼球の位置が下がり、眼球の重みによって押しつぶされた脂肪が前に出てくることで目立つようになります。

目袋ができる原因って?

写真で比較することで、涙袋と目袋の違いがはっきりお分かりいただけたと思います。

涙袋と違って、目袋の存在は決して許してはいけません!

「目袋って老化が原因なんでしょ?私はまだ若いから大丈夫。」と甘く見ていませんか?

だとしたら、その認識を改めるべき!

なぜなら、最近は若い人でも目袋に悩む人が増えているからです。

その理由として大きいのが、スマホやPCの長時間利用や寝不足、食生活の乱れなど。

目袋ができる原因

  • 加齢
  • スマホやPCの長時間利用による眼輪筋の衰え
  • 寝不足
  • 目元の乾燥
  • 食生活の乱れ

スマホやPCをずーっと見つめていると、まばたきの回数が減ります。

眼輪筋は、まばたきするときにも使われるので、まばたきの回数が減ればそれだけ筋力も低下してしまいます。

筋肉は使わなければ衰えてしまうので、生活習慣によっては年齢に関係なく衰えのスピードに差が出てくるんです。

また、寝不足や疲労によって目元の血流が悪くなると、脂肪や老廃物が蓄積しやすくなるため、目袋が目立つようになります。

さらに、乾燥や食生活の乱れで肌がハリを失うと、突出してきた眼窩脂肪を抑え込むことができなくなるため、目袋が出現しやすくなります。

このように、加齢だけではなく、生活習慣も大きくかかわってくるため、若くても油断できないんですね。

涙袋は目袋に埋もれて隠れてしまうことがある!

「涙袋を作りたい!」という人は、まずは老いの象徴である目袋をなくす対策をしましょう。

と言うのも、涙袋は目袋に埋もれて隠れてしまうことがあるからです。

図を見ると、目袋と涙袋の違いがはっきり分かりますね。

涙袋のぷっくりしたふくらみが際立つのは、目の下がフラットなことが絶対条件。

その高低差によって、目と頬の間の溝である下眼瞼溝(かがんけんこう)が深く、くっきりとすることで涙袋が目立つようになります。

よって、眼窩脂肪による目の下にふくらみがあると下眼瞼溝が埋もれて涙袋がないように見えてしまうことがあるんです。

もし、目の下のたるみが目立つ状態なら、ヒアルロン酸注入で涙袋を作るのはやめたほうがいいです。

なぜなら、ヒアルロン酸注入を行うと、目の下のたるみがますます目立つことになります。

涙袋を作りたいなら、まずは目の下をフラットにして目袋をなくす対策が必要です。

目袋をなくしたからと言って、すべての人が涙袋が際立つわけではありませんが、

  • 若いころは涙袋があった
  • 笑った時に涙袋ができる

という人は、目袋をなくすことで涙袋を作れる可能性が高いです。

自力で「目袋(脂肪)」を「涙袋(筋肉)」に変える方法

涙袋と目袋の違いが分かれば、対策も自ずと見えてきますよね。

目の下をフラットにすれば涙袋ができる可能性があるわけです!

目袋をなくすには、突出した眼窩脂肪を抑え込めるだけの筋力と肌のハリを復活させればOKなので、筋トレとスキンケアを重視したお手入れをしましょう。

目袋をなくす方法

  • 眼輪筋トレーニングで筋力アップ
  • スキンケアでハリを高める

もちろん、美容整形で目の下のふくらみを除去するほうが即効性はありますが、リスクを考えると踏み出せない人が多いと思います。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

私もその一人で、もう10年くらい目袋に悩んできましたが、最近やっと満足できる方法を見つけて悩みが少なくなってきたところです。ですので、この記事でも整形に頼らない方法を中心にご紹介していきますね。

目袋を涙袋に変えるには筋トレが有効!

目袋は脂肪、涙袋は筋肉という違いがありましたね。

この事実からも分かるとおり、目袋をなくして涙袋を作るには、眼輪筋の強化が有効です。

それには、眼輪筋トレーニングが一番!

ですが、正直毎日トレーニングやるってめんどくさいですよね・・・

私は何度も挫折しました・・・

顔の筋トレは体の筋トレより結果が出にくいからこそ、毎日続けることが大切なのに続かない・・・

そんな人は、潔く美顔器の手を借りてしまいましょう。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

装着するだけで勝手に筋トレしてくれる「メディリフトアイ」を知ってからは、サボり癖がなくなりました!

眼輪筋強化ならコレ!

メディリフト アイ(ヤーマン)

画像出典:ヤーマン

『メディリフト アイ』は、美容業界の注目の的となったウェアラブルEMS美顔器『メディリフト』の目元版。

装着するだけで勝手に筋トレしてくれるので、自分でやる顔ヨガや筋トレが面倒くさくて続かない・・・という人におすすめ。

「眼輪筋」だけではなく、目元を引き上げる「側頭筋」もケアしてくれるので、目元全体が引き上がります!

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

ながら美容が可能なハンズフリーが嬉しい。「美顔器すら面倒」な日もありますが、これなら無理なく毎日続けられます。

こんな人におすすめ

  • 顔ヨガ・筋トレ・マッサージなどは面倒で続かない
  • ハンディタイプの美顔器は面倒

商品情報

  • 本体価格:30,800円 (税込)
  • 機能:EMS、ヒーター、マイクロカレント
  • 使用頻度:1回10分/週1〜2回
  • 専用ジェル:あり(手持ちのジェル、化粧水、美容液でも可)
  • アフターサポート:1年保証

目袋改善に即効性を求めるなら、レーザーやRF美顔器がおすすめ!

目袋を引っ込めるには筋力アップだけではなく、肌のハリ強化も大切。

アイクリームでのお手入れは最低限必要なことですが、アイクリームを使っているのに効果がない・・・と悩んでいるなら、美顔器を使うことをおすすめします!

肌にハリを出すためには、コラーゲン生成を促すことが大切。

コラーゲン生成におすすめなのは、RF(高周波、ラジオ波)タイプか、レーザータイプの美顔器。

私のイチオシは、美容レーザーが家庭でできる「トリア・スキン エイジングケアレーザー」。

人気の「フラクショナルレーザー」が自宅でできる!

トリア・スキン エイジングケアレーザー(トリアビューティー)

個人的にはイチオシの美顔器!

私はトリアで、10年ほど悩んできた目袋にすごい変化が!

以下は半月ほどで出た変化です♪同じライトのもと、なるべく目袋が目立つ角度で撮っています。

どちらも、日焼け止め+ファンデーションで、コンシーラーは使っていません。

私はもともと涙袋があるタイプではなかったため、目の下がフラットになっても涙袋はできていませんが、ほんの少しクッキリしたかな?という感じがしませんか?

トリア・スキン エイジングケアレーザーの凄い点は、美容クリニックで人気の「フラクショナルレーザー」が自宅でできるという点です。

「フラクショナルレーザー」とは、肌にレーザーで細かい穴を開け皮膚の再生を促して新しい肌と入れ替える治療です。

クリニックで行うと、1回の治療で、照射部位の10~15%が新しい肌に入れ替わるんですって。

トリア・スキン エイジングケアレーザーは、「2ヶ月間毎日照射」+「1ヶ月の休止期間」で1クール。

この1クールがクリニックで行う治療1回分となり、10~15%が新しい肌に入れ替わります。

美容レーザーができるのはクリニックかトリアだけ

3ヶ月もかかってクリニックの治療1回分か・・・と思うかもしれませんが、これまでクリニックでの治療経験がない人が使うと、劇的に変わりますよ!!!

私の画像を見てもらえば、分かりますよね?

感動したんで、メーカーに問い合わせてみたところ、この効果は、レーザーの刺激でコラーゲン生成が促進されたからということです。

結構痛いんですが、痛みに弱い私も「これでキレイになれるなら!」という思いが強くて耐えられました。

10年来の悩みが、まさか半月で改善されるなんて!!!

ずいぶん遠回りをしましたが、高くても買って本当に良かった!!

効果を実感してからは、あの痛みすら快感になるほどハマっています(笑)。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

これとRF美顔器を併用すると無敵!!
エステティシャンの由香には悪いけど、もうエステは必要ないかも・・・

""no-img2″
由香@エステティシャン

フラクショナルレーザーはエステではできない施術だから、トリアで改善できたなら何よりだわ。
恵子の目袋は本当に酷かったから正直「もうクリニック治療しかないかも・・・」と思ってたの。
トリアはアメリカのFDAの認可を受けているので、効果と安全性もお墨付き。私もおすすめの美顔器です。

こんな人におすすめ

  • どんな高級化粧品を使っても変化を実感できない
  • 本格的なケアをしたいが、クリニックに通う予算や時間がない
  • 「フラクショナルレーザー」に関心があるが、ダウンタイムが気になって踏み出せない

商品情報

  • メーカー希望小売価格:66,000円 (税込)
  • 販売価格:55,810円 (税込)
  • 機能:美容レーザー
  • 使用頻度:8週間の間、1日1回夜に使用。8週間使用のお手入れが終了した後は4週間の休止期間。その後は再び8週間のトリートメントを再開。
  • 専用ジェル:なし
  • 返金保証制度:あり(30日間返金保証)
  • アフターサポート:2年保証

 

レビュー
トリアレーザー美顔器2ヶ月使ってみた結果!目の下のたるみが・・・?!

トリアスキンエイジングケアレーザーは、フラクショナルレーザーができる唯一の美顔器。 アメリカのFDA認可済みだから、その効果も折り紙つき! エイジングケアへの意識が高い人の間では有名らしいんですが、私 ...

続きを見る

深層RFでハリ肌実感!

RFボーテ『フォトPLUS(プラス)EX eye pro』(ヤーマン)

RF美顔器は、RFを照射することで熱によって傷ついた真皮細胞が修復される過程で、大量のコラーゲンが生成されるという仕組みです。

よって、しっかりと肌内部の温度を上げることができるかどうかという点が美顔器選びのポイントとなります。

RF機能搭載と謳っていても、思うように肌が温まらない美顔器もあるので注意が必要です。

ヤーマンのRFボーテ『フォトPLUS(プラス)EX eye pro』のRFモードは、サーモグラフィでのチェックで一般的なヒーター美顔器と比較した結果、肌内部の温度がしっかりと上がることが確認されています。

真皮にまで熱がしっかり届けば、ヒートショックプロテイン効果でハリ肌に!

また、EMS機能も付いているので、筋トレ効果も得ることができます。

1台で、筋トレ効果もコラーゲン生成効果もどちらも得たい!という人におすすめです。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

さらに、目元もしっかりとケアできるマイクロカレントのアイケアモードも搭載さ入れているから、よりきめ細やかな目元ケアができます。

こんな人におすすめ

  • 肌内部までしっかりと温まるRF美顔器が欲しい
  • 「RF」・「EMS」どちらの機能も欲しい

商品情報

  • 本体価格:55,000円 (税込)
  • 機能:RF・イオン導出・イオン導入・マイクロカレント・W波EMS・LED
  • 使用頻度:1回10分/毎日・または週2~3回(コースによる)
  • 専用ジェル:あり(手持ちのジェルや美容液でも可)
  • アフターサポート:1年保証

まとめ

涙袋は、女性らしさと可愛いらしさの象徴で、みんなの憧れ。

それに対して目袋は、おばさんの証みたいなもので、絶対に許してはいけないもの。

同じ”袋”と言えど、イメージは正反対ですね。

涙袋が筋肉なのに対して、目袋は脂肪と、正体も全く違うものだということが分かりました。

涙袋を作りたいという人は、目袋が邪魔になって隠れている可能性もあるので、まずは目袋をなくす対策をしてみてください。

涙袋と目袋の違いと目袋をなくす方法

  • 涙袋は筋肉、目袋は脂肪がその正体
  • 涙袋があると若く可愛く見えるが、目袋はがあるとすごくおばさんに見える
  • 涙袋は目袋に埋もれて隠れてしまうことがあるので、目袋をなくすことで涙袋が際立つことも
  • 目袋をなくすには、筋トレとスキンケアが有効
  • 美顔器を利用して効率的にケアするのがおすすめ
"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

目元にある同じ”袋”でも、涙袋と目袋では大違い!目袋ができ始めのころは、混同しやすいので手遅れにならないよう注意しましょう!

-目の下のたるみ・クマ

Copyright© アイケアラボ , 2021 All Rights Reserved.